院長・スタッフ紹介

M BLANC DENTALのスタッフ紹介

院長 松岡 芳寛 yoshihiro matsuoka
*
*
greeting ご挨拶
こんにちは。院長の松岡芳寛です。
皆様、‘Oral physician‐オーラルフィジシャン’をご存知ですか??
口腔二大疾患である齲蝕と歯周病に対して、科学的検査に基づいて治療計画を立て、患者様の口腔内を生涯に渡って、疾患の発症と再発を予防する歯科医療従事者のことをいいます。 患者様が生涯ご自分の歯で、過されるようにお口の中の健康を守り育てることを目的にしています。

一般医科をも含めた患者様の医療環境を見渡す存在であり、患者様の心身健康そのものを見守るプライマリケア医の一人なのです。
エムブランデンタルも、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の連携をとり理想的な、削らない、抜かない、予防中心の医療をご提供できる歯科医院でありたいです。

history 略歴
  • 1961年
    名古屋市に生まれる
  • 1979年
    東海学園 東海高等学校卒業
  • 1987年
    朝日大学歯学部卒業
    朝日大学歯学部口腔外科第二講座入局
    静岡県島田市民病院麻酔科研修
  • 1989年〜
    一般開業医にて勤務
  • 2007年
    エムブランデンタル開業
所属団体
  • 日本歯科医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 尾張旭市歯科医師会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 一般社団法人 日本臨床歯科
    CADCAM学会(JSCAD)
  • アストラテックインプラント
    Diploma取得
  • 国際歯周内科学認定のふくしげ
    セミナー受講
  • Nd:YAGレーザーセミナー受講
  • CERECベーシックコース受講
  • CERECアドバンスコース受講

なぜ「顕微鏡歯科」なのか

2011年の4月に「顕微鏡歯科を始めよう」というセミナーを受講しました。
日本顕微鏡歯科学会 副会長:三橋 純 先生との出会いです。
歯科医師人生を大きく変える出会いです。
私の今迄の歯科治療は何だったのか…勘頼みからの脱却です。

マイクロスコープに出会う前までは、ルーペ(拡大鏡)を治療に用いていましたが、マイクロスコープとルーペとの差がここまであるとは思ってもみませんでした。

*

その最たる治療が『根管治療』でした。
治療を裸眼で暗闇を手探りや感覚で行うか、マイクロスコープで拡大し見落としのないように行うかでは、予後の結果は180度変わります。

*

マイクロスコープの世界を知ってしまうと、今まで大丈夫だと思っていた治療の質の低さに愕然としました。
人間の裸眼では、0.2mm以下は解析は不可能と言われています。
マイクロスコープは、暗くて狭い口腔内を拡大・照明で菌を除去し精密治療を可能にします。

患者様の歯を1本でも多く残すため、勘または感覚を頼りにした「見えない治療」ではなく、顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して、患部を高倍率に拡大し「見える治療」にすることで精度が高く、成功率の高い治療を目指してまいります。
まずご自身の歯を残し、できるだけ長く使っていただけるための治療方法を提案いたします。そして、治療に関してもできるだけ削らず、切らず、抜かないことを第
一に考えて治療計画を立てます。

*